今年各地で見かけた、葉緑体をもたない系の植物をちょいと載せておきます。



キヨスミウツボ
0000473.jpg
2017.07.14 恵庭市

たまたま車を停めたら、すぐ横に大量に生育していました。
そこでの寄主は、おそらくツルアジサイと思われます。





ギンリョウソウ
0000472.jpg
2017.06.25 大雪山

透明感のある色彩と質感で、山の中では思わず目を引く存在です。
色々な山域で目にします。





シャクジョウショウ
0000469.jpg
2017.08.12 道東

これも私にとっては見る機会が多くありません。
なかなか品がある姿だと個人的には思います。


0000478.jpg


0000477.jpg
2017.08.20 苫小牧市

これはギンリョウソウモドキだと思っていましたが、1茎に花が複数つくのでやはりシャクジョウソウのようです。
なんとまぁ無知なのでしょう。




おまけのヒトツバイチヤクソウ
0000470.jpg
次回はまたラン科の花でも

スポンサーサイト
夏に沖縄を訪れるのは初めてでしたので、この機会にぜひとも見たかった蝶を数種。





フタオチョウ
0000352.jpg


はい、これは亡骸です(-_-;)



これからフタオを探そうと思って車を停めたらいきなり落ちていたので、
なんとも言えない感情が沸き上がりました(笑)



そしてどうにか生きている姿を見ることができましたが、高い樹冠部を飛び回ってばかりです。
樹液や腐った果物に集まるらしいですし、北海道でいえばオオムラサキのような存在でしょうか。


0000408.jpg


0000406.jpg


滞在最終日に良いポイントを見つけたのですが、タイムアップで悔しい思いをしました。
またいつか行きたいですね。




コノハチョウ
0000466.jpg

擬態で有名な昆虫ですね。



これはかなりの数がいて、パイナップルトラップにもたくさん集まっていた。

0000468.jpg

裏翅の斑紋は個体によって変異があるようです。


0000410.jpg
これはほとんど傷みのない個体で、表翅は裏翅と全く異なる鮮やかさですね。




最後の一種がこちら

イワカワシジミ
0000397.jpg

これは正直よさげなポイントもわからず期待薄だったのですが、
思いがけない場所での幸運の出会いでした。


それにしてもこの姿
神秘的なグリーンの裏翅に黄色い身体
妖精のような存在感、というのは言い過ぎでしょうか。



各所でよく見られた蝶としては、
ナガサキアゲハ、クロアゲハ、モンキアゲハ、シロオビアゲハ、アオスジアゲハ、クロマダラソテツシジミ、ツマグロヒョウモン、
ルリタテハ、アオタテハモドキ、リュウキュウミスジ、リュウキュウウラナミジャノメ、リュウキュウヒメジャノメなど


他に見た蝶としては
ツマベニチョウ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ、アカタテハ、タテハモドキ、オキナワビロウドセセリ、クロセセリ、
あと不明の茶色いセセリ(笑)




意外とよく見かけたルリタテハ
0000467.jpg
スミナガシも見たかったよう