FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イチヨウラン
0000527.jpg
2018.05.12 道南


0000541_20180819173205ae9.jpg



0000528_20180819173204431.jpg
斑点がない個体もありました。



トケンラン
0000547_20180819173131e76.jpg
2018.06.03 北広島市


0000546_201808191731308fe.jpg


0000553_201808191730367c9.jpg

0000555_20180819173032761.jpg
2018.06.17 安平町

札幌及び近郊では割と普通に見ることができますが、離れた地域では見たことがありません。



ヒロハトンボソウ
0000572.jpg
2018.07.01 北見市


0000574.jpg
トンボソウよりかなり花期が早いようです。



サイハイラン
0000573.jpg
2018.07.01 北見市

この個体群は葉に綺麗な斑が入っていた。



テガタチドリ
0000580.jpg
2018.07.15 根室市

あるところにはたくさんある、という感じ。
せっかくの根室でしたが嵐で散々でした。



エゾサカネラン
0000585.jpg
2018.07.28 道東


0000586.jpg
当然花期は終わっていますが、どこを見ても毛は生えていないので、エゾの方だと思います。



キンセイラン
0000582.jpg
2018.07.28 道東

札幌近郊も含め何か所かで見つけましたが、これまた花期に恵まれませんでした。


0000583.jpg


0000584.jpg






0000587.jpg
ラン探索は修羅の道。レアキャラはスカってばかりです( ;∀;)
スポンサーサイト
スズムシソウ
0000564.jpg

0000565.jpg
2018.06.24 白老町


初っ端から残念な写真。花期を逃してばかりです。



セイタカスズムシソウ
0000562.jpg

0000563.jpg
2018.06.17 安平町



0000570.jpg

0000579.jpg
2018.07.08 苫小牧市

唇弁が小さく方形
アキタスズムシと呼ばれるものと思われます。



オオフガクスズムシ
0000559.jpg

0000560.jpg

0000561.jpg
2018.06.15 江別市

唇弁は透明感のない濃いあずき色ですが、緑色のタイプあるようです。
それにしてもこの和名、カッコよすぎませんか? 大富嶽鈴虫!




クモキリソウ
0000567.jpg

0000568.jpg
2018.07.08 苫小牧市

これらの仲間ではおそらく最も目にすることが多い種ではないかと。


0000569.jpg
これは唇弁が展開する前なのでしょうか。



ジガバチソウ
0000575.jpg

0000576.jpg

0000577.jpg
2018.07.23 札幌市

実におもしろい形状をしていますね。
ジガバチ、には見えるかな???


0000578.jpg
花が緑色のタイプもありました。いわゆるアオジガバチソウ。



フガクスズムシやシテンクモキリ、ギボウシランも見てみたいものですが、いずれも探す難易度が高そうです。


おまけのフタマタイチゲ
0000566.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。